「出かける」福祉

●困りごとはすぐさま出向く。

寄り添いサポートで地域を駆け巡ります。

 

地域を元気にする福祉の実現を目指します。

高齢者、障がい者 など対象者別の福祉はもはや限界。

1つの制度では解決できない困難に囚われ、

制度の狭間で動けないケースをたくさん見ました。

でも、福祉はそんなものではない。

制度に生活保護をあてはめる「法律行政」から

課題にあった制度利用する「生活行政」へ

まるごと課題を受け止め、みんな元気に、それぞれの働きを活かし、

認め合う、そんなまるごと課題を受け止め、みんな元気に、それぞれの働きを活かし、

認め合う、そんなまるごと福祉でまちを活性化。

  • 生活困窮者自立支援を充実し、安心して暮らせるセーフティネットを充実
  • 元気高齢者の出番を増やすとともに、認知症カフェの設置と運営
  • NPOなどのまちづくりと協働した区独自の福祉モデル事業の開発

「声かける」子育て

●すべてのおとなが教育者。

地域ぐるみで子どもを育てる環境を。

 

「ともちゃん、どこいくんや?」子どものころにかけてもらった、

たくさんの大人の声が子育て支援の原点です。

私も小学生の子を持つ母親ですが、近所の人が子どもの名前を知ってくれているのはほんとに心強い。

家庭の事情に関係なく、すべての子どもたちが、このまちで健やかに育ってほしい。

学校だけでなくいろいろな場所でいろいろな大人と出会い、

いろんな生き方を学ぶ機会を増やしていきたい。

学校任せ、家族任せではなく、地域の子どもはみんなの子ども。

地域で子どもを育める子育て環境・教育の充実に取り組みます。

 

  • すべての小中学校で地域連携を育む「みんなの先生(地域担当教師)」を配置
  • 子どもの「学び」と「ごはん」は地域も支える。「こども食堂」や「学習支援」の拡充
  • 乳児期から青年期まで地域も応援する「みんなが集える居場所と出番」

 

「集める」まちづくり

●日ごろのグチやつぶやき・・・。

小さな声を積み重ねることから始まるまちづくり。

 

人とのつながり、信頼が安心な暮らしを支える基盤だと思っています・

競争や自己責任だけに偏らず、いろいろな人が生きやすい社会=

共生できるまちをみんなでつくっていきたい。

すでに動き始めた仲間と一緒に、小さなコトであっても

コツコツと積み重ねることで世の中は少しずつ変わります。

でも、まちづくりは関心のあるメンバーだけでなく、

みんなの「こんなまちで暮らしたい」そんなつぶやきを拾い集め、

みんなの「あったらいいな」でまちづくりに取り組みます。

 

  • 大阪市を解体する都構想には反対。住民自治を具体的に進めるための議論にもっと注力を。
  • だれも排除されない人権のまちづくりで共生を。「ヘイトスピーチ」は許さない。
  • 「相談できる」は「安心できる」。隣保事業の活用と総合相談の充実を。